赤ワイン」タグアーカイブ

シャトー・ペトリュス Chateau Petrus

メルロー種主体の究極ともいえる赤ワイン!

メルロー種を95%も使う。ぶどう畑はわずか12ha。全て樫の新樽使用。

現在の名声は、1960年代から。あの「ハンニバル」のレクター博士も愛したとか。

豊満な熟れた香り。深く複雑な味わいが特徴。

シャトー・ペトリュスを売るならこちらへ!

シャトー・オー・ブリオン

ボルドー最古のシャトー。

グラーヴ地区から選ばれた第1級格付け。

調和のとれた、複雑でまろやかな風味。

樫樽の風味と豊かな果実味が絶妙なバランス。

エレガントで繊細なワイン。

記録をたどると14世紀にまでさかのぼる。

その歴史は、まさにボルドーの歴史と言われる。

シャトー・オー・ブリオンを売るならこちらへ!

シャトー・ムートン・ロートシルト

ボルドー5大シャトーの一つ。

1973年に格付けの第1級に加わる。

1853年、ロスチャイルド家の、ナサニエル・ロスチャイルドが購入。

毎年著名画家の作で飾られるラベルが特徴です。

ガーネット色の鮮やかな赤紫。バランスのとれたふくよかな香味。

豊かで豪華な印象を持つ。

強いボリューム感を感じる味わい。豊かな余韻。

シャトー・ムートン・ロートシルトを売るならこちらへ!

シャトー・マルゴー CHATEAU MARGAUX

5大シャトーの中でも最も女性的と評されるワイン。

深い紫を感じるルビー色。柔らかく甘美な味わい。

優しいノドごし。エレガントで女性的な優雅さがある。

そのルーツは、13世紀。フランスの象徴ともいえるシャトーの一つ。

精緻なバランス。ボルドーの宝石に例えられる。

シャトー・マルゴーを売るならこちらへ!

シャトー・ラトゥール CHATEAU LATOUR

ラベルに描かれた塔は、17世紀に建造された要塞。

ボルドー5大シャトーの一つ、ラトゥールの味は、男性的、力強いなどの言葉で表現される。

深く濃い色合い。熟成が楽しみな奥行きのある骨格が感じられる。

その歴史は、14世紀にまでさかのぼり、16世紀にはすでに名声を得ていた。

深い香り、品格のある味わい。豊かさを持つワイン。

シャトー・ラトゥールを売るならこちらへ!

シャトー・ラフィット・ロートシルト

1855年の格付けで第1級のトップに選ばれたボルドー5大シャトーの一つ。

上品で、エレガントな香り。柔らかで、優雅な味わい。

熟成したラフィットは、滑らかで豊かな風味。

1868年、パリの銀行家ジェームス・ロートシルトが購入。

貴婦人と呼ぶに相応しいフランスを代表するワイン。

シャトー・ラフィット・ロートシルトを売るならこちらへ!

ピエモンテ地方 PIEMONTE

イタリア語で「山の足」という名の通りアルプスのふもとにあるピエモンテ州は、

イタリアの重要な赤ワインの産地で品質、格ともに高いことで知られる。

ワインの王であり、王のワインとされるバローロ、その弟格と言われるバルバレスコ、

コクのあるガッディナーラなどが代表的なもの。

発泡性ワイン(スプマンテ)でマスカットブドウの個性的な香りがするやや甘口の白、

アスティ・スプマンテも有名。

バローロを売るならこちらへ!

コート・デュ・ローヌ地方 COTES DU RHONE

ローヌ河両岸に南北に広がるこの地方は、南と北で気候や土壌が異なるため

栽培されるブドウの品種も違い、多種多様なワインを産出する。

日照時間が長いことから全般的にアルコール度が高く力強いタイプのワインが造られる。

北部は生産量は少ないが高品質で知られ、エルミタージュは豊かな味わいの赤として代表的なもの。

南部はほとんどが赤で多くの種類のブドウを混醸して造っている。

コート・デュ・ローヌはシャトーヌフ・デュ・パプ、エルミタージュなどが有名。

エルミタージュを売るならこちらへ!

シラー 黒ブドウ品種

近年、各地で評価が上がっている、フランス・ローヌ河流域やオーストラリアが代表的な産地の

赤ワイン用品種。タンニンが多いため、紫がかった深紅色のパワフルなワインを生み、

素晴らしい熟成能力があります。オーストラリアでは「シラーズ」と呼ばれ、幅広いファンを獲得。

ロゼや赤のスパークリングで使用。

赤ワイン売却の際はこちらにご相談ください!

ブルゴーニュ地方 BOURGOGNE

ボルドーと双璧をなす偉大な銘醸地ブルゴーニュのワインは

ボルドーとは異なり、殆どが一種類のブドウから造られる。

しかし土壌や造り手により味わいはかなり違う。全体的に赤ワインの生産量が多いが、

白ワインでは辛口のシャブリが世界的に有名。

この地方はAOCワインが更に格付けされ、

ラベルに畑名を表示した特級畑(グラン・クリュ)、村名と畑名の一休畑(プルミエ・クリュ)、

村名のみ、地区名、ブルゴーニュの地方名の順に栽培地が限定されるほど格が上となる。

ブルゴーニュ・ワイン売却の際はこちらにご相談ください!