ジョニー・ウォーカー

今も世界を闊歩するトップブランド JOHNNIE WALKER

心地よいスモーキーな香りがフワリと口中に広がり、口あたりなめらか、

何杯でも飲めてしまいそうなライトタイプ。そんなジョニー・ウォーカーは、

「ジョニ赤」「ジョニ黒」の通称で、あまりにも名高い。

有名なだけでなく、実際に長い間、世界売り上げナンバーワンを維持、

いまも世界のウイスキー業界をリードし続けている。

現在の「ジョニ赤」「ジョニ黒」が誕生するのには、

創業者のジョン・ウォーカーにはじまり、じつに3代かかっている。

初代が考案したウイスキー「ウォーカーズ・オールド・ハイランド・ウイスキー」を、

当時珍しい四角いボトル、斜めのラベルという画期的なアイディアで世に広めたのが2代目。

そして3代目が、「ジョニー・ウォーカー赤ラベル」を進化させて、

「ジョニー・ウォーカー黒ラベル」と命名した。

このとき、シルクハット姿の英国紳士というトレードマークも登場。

当代随一の漫画家トム・ブラウンの手によるもので、

創業者のジョン・ウォーカーがモデルと思いきや、ブラウンのまったくの創作だそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です