メルロー

ボルドー地方の赤ワイン用ぶどうの品種名。ロートエガロンヌ県、ジロンド県、ドルドーニュ県

など比較的限られた地域で栽培されている。カベルネソーヴィニョン種のワインと調合して

口当たりにふくらみをあたえたり、マルヴェック種のワインとブレンドしてこくを補強するなど

良質な品種のわりにブレンド用に使われることが多い。起源についてはあまり知られていない

がボルドー地方で栽培され始めたのは18世紀末になってからで、ボルドーの町に近いラブレ

ードの城に生まれた思想家モンテスキューはカベルネなどのブドウについての記述を残してい

るが、メルローをしらなかったようである。メルローという名前はプティラフィットによれば

果粒の色が似ているところからプティメルルという小鳥の名が訛ったものだという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です