ブレンデッドは芸術作品だ

香りを紡いでシンフォニーをかなでる。

自宅でひとり杯を傾けるのもいいが、通い慣れたバーで、マスターをはさんで常連客がひとつの話題で盛り上がるのも、極上の時間だ。

それぞれが自分を主張しつつも、お互いに刺激されながら人間同士の触れ合いの輪が膨らんでいく。

言ってみれば、ブレンデッド・ウイスキーはこのようなもの。

麦芽を原料とするモルトウイスキーと、その他の穀物を原料とするグレーンウイスキーが、数十種類混ざり合うことで、じつに豊かな味に膨らんでいく。

それぞれの香りが織りなすシンフォニーであるブレンデッドは、シングルモルトに負けず劣らず、魅力的なウイスキーなのだ。

ウイスキー初心者なら、まずは飲みやすいブレンデッドからはじめるといい。

いうまでもなく、それぞれの銘柄の味をきめるのは、どのモルトやグレーンを、どの程度の割合でブレンドするか、ブレンドの専門家ブレンダーたち。

実際に原酒を味見するのではなく、香りをかぐだけでブレンドするから、すごい。

4つのブレンデッド・ウイスキー

デラックス

グレーンに対して、モルトウイスキーの割合が50%以上。

多くはブレンド後に15年以上熟成している。

プレミア

モルトの割合が40%〜50%。

ブレンド後12年以上熟成している。

セミプレミア

10〜12年物のモルトの割合が40%前後

スタンダード

5〜10年もののモルトの割合が30%〜40%。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です