コニャック

量、質ともに世界第一を誇るフランスのオー・ド・ヴィ(ブランデー)の

産地パリの南西465KMにあるコニャックの街を中心にAOCの指定する

生産地域はシャラントマリティム県のほぼ全域とシャラント県の西半分に

またがり一部はドゥーセーブル県とドルドーニュ県に及んでいる

4世紀の詩人オーゾンヌが友人ポーリュスに宛てた手紙にシャラント川に

沿った丘陵地帯ノブヌスが葡萄で覆われている様子が述べられている

13世紀のラロッシュル港から無関税でワインが船積みされるようになり

14世紀にはイギリス、オランダ、デンマークなどに輸出され始めた

ジェアンドローダンによると1623年パリでは大量のワインが飲まれていたが

中でもラロッシュル物は好評であったという。

しかしワインの生産が需要を上回り投げ売りが行われるように

なった。1630年頃にコニャック地方でワインの蒸留が普及し始め

薬用であったオー・ド・ヴィが嗜好飲料として認められるように

なったのは17世紀末のことである。18世紀に入るとオー・ド・ヴィコニャック

として区別されるようになり銘酒コニャックの名前が生まれたのは18世紀始めと

推定される。