オーヘントッシャン

3回蒸留がやわらかく、軽い舌ざわり オーヘントッシャン

スコットランド南部のローランドは、気候が温暖なこともあるのか、ライトタイプのモルトウイスキーが多い。

ローランドの代表モルトであるオーヘントッシャンも、万人に好まれるような、柔らかい味わいが特徴

ワイン感覚で食前や食中に飲んでも、料理とウイスキー両方の味を同時に楽しめる。

ローランド・モルトの伝統は、3回蒸留すること。

当然のことながら、蒸留すればするだけ余分なものが少なくなり、純粋アルコールに近くなる。

このモルト・ウイスキーが軽いタッチなのは、蒸留の繰り返しにより、アルコール以外の成分がすくなくなっているためと言われる。

ローランドの伝統とはいえ、現在も3回の蒸留を行なっているのは、ここだけだ。

つまりスコッチで3回蒸留しているのはオーヘントッシャンのみということになる。

それだけに、ローランドの伝統をいまに味わえる、貴重なモルトである。

なお創業者は、アイルランド人との説はあるが未だに不明である。

オーヘントッシャンの10年ものたまにはいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です