カラフ

切子ガラスの水差し。食卓でワインを供するための透明な

ガラス製デカンターをカラフという。安価な普段飲むワインはアンカラフ

簡単に言うとカラフで供する。パリの大通りにはたいていセルフ

サービスの食堂がありお盆に値段と食欲とを勘案しながら料理を

選びつつ飲み物のコーナーまで来るとカラフに白や赤のワインが

詰められ並んでいる。これにはホワイトカラー族の多い都会では

250mlのワインが入っている。その量は健康を損なわないため

(アルコール依存症にならないため)1回の食事で許されるワイン量に

あたる。ただし肉体労働者は体からのアルコール排出速度が

早く500mlまでは大丈夫ということで田舎の食堂では

カラフの容量は2倍の500mlになる。

食堂側では一定量測って入れているがカラフによっては

上部空間にばらつきがありその空間が少ないカラフから

売れていくのは消費者心理なのでしょう。

お酒買取カインドベア

ワイン、ブランデー、シャンパン、ウイスキー、焼酎、などのお酒を

買い取りいたしております。

出張買取も神奈川、東京都、無料で買取に伺います。

宅配買取にも力を入れてますのでぜひご利用ください

℡0467-81-5326

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です