Jura ジュラ

ブルゴーニュ地方の東、スイス国境に隣接するフランシュ・コンテ地方におけるワイン醸造の中心地

ジュラ山脈に沿って、その西側にブドウ畑が広がり、A.O.Cのワインとしてアルボワ、シャトーシャロン及びレトワールの3つのコミューンの名を呼称するものと、コートデュジュラという地方をうたうものとがある。

ジュラのワインはフランソワ1世やアンリ4世の食卓にのぼり、オランダ、スイス、ドイツにまで輸出されたが、19世紀にはブドウ畑は荒廃してしまった。

今世紀はじめ、この地のワインの価値を再認識したアルボワのチーズ製造業たちが葡萄畑を復興し、かつての名声を回復した。

ジュラのワインには、サヴァニャン種、ガメーブラン種の葡萄で作る辛口の白ワインと発泡性白ワイン、ナテュレ種またはサヴァニャン種で作るヴァン・ジョーヌ、トルーソー種、プルサール種でつくる赤ワイン、サヴァニャン種、ガメーブラン種、プルサール種でつくるロゼがある。

ヴァン・ジョーヌは白ワインを樽に6年以上も寝かせ、ワインの表面にシェリー酵母による膜を作らせた黄金色のワインで、作り方はスペインのヘレスに似ている。

ヴァン・ジョーヌはシャトーシャロンのものが最上と言われている。

アルボワのロゼはかなり濃い赤色をしているが、これにたいしごく淡いものをヴァン・グリという。

この地方独特のワインとしてヴァンドバイユがある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です