焼酎 ブレンド

蒸留し、貯蔵してできた焼酎の原酒は、そのままではまだ商品にはならない。

銘柄ごとに数種類の原酒をブレンドして、銘柄にふさわしい味と風味に仕上げる。

その作業を行うのがブレンダーである。

ブレンドするには、銘柄ごとにメインとなる原酒があり、それに数パーセントずつ他の原酒を加えながら味を加えるのだが、まずはブレンダーが少量で少実験を行い配合の割合を検討する。

小実験でできた焼酎を蔵の責任者が検討し、その年の焼酎の味を決定する。

そして、小実験をもとに決定した配合をタンク全体で行う。

ブレンダーが焼酎の味を左右するため

大変、神経の使う仕事である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です