月別アーカイブ: 2013年12月

ワイナリー Winery

ロコー・ヴィネール Locaux vinaires。ワイン醸造所のこと。原料葡萄の搬入・除梗・潰砕・

圧搾などの作業をし、発酵タンクでアルコール発酵させる場所と、出来たワインを樽や瓶で

貯蔵・熟成させる場所および出荷の為の清澄・瓶詰を行う付属施設からなる。

ラガヴーリン LAGAVULIN

優美なまろみがスモーキーさを包み込む。アイラ・モルトのみならず、

全モルト・ウイスキーの中でも傑作中の傑作と絶賛されているのが、このラガヴーリンだ。

まろやかな舌触り、シェリーのような甘さがほのかに漂う香りなどから、

エレガントな風味と言われる事がある。しかし淑女のエレガントさと違い、

男性的なパワーがあふれる優美さなのだ。そのパワーは、強烈なスモーキーさにある。

アイラ・モルト独特の、潮の香りやピート香も強く、人によっては「ちょっと...」と

抵抗感があるかもしれない。しかし印象深いこの味が、多くの人を虜にしてしまうのだ。

ラガヴーリン蒸留所の入り口には、ホワイトホースの大きな看板が立っている。

なぜならこのモルトは、お馴染みのブレンデッド・ウイスキー、

ホワイトホースの核となる原酒だからだ。

ホワイトホースを飲むときに、ラガヴーリンの風味を探してみるのも一興かも。

なお、かつては12年物も出回っていたが、現在は16年物が主流。

より一層まろやかな味に、蒸留所のこだわりがあるのだろう。

ホワイトホース WHITE HORSE

癖のあるキーモルトを生かした味わい

個性の強いアイラ・モルトを中核にした、珍しいブレンデッド。アイラ独特のピート香や

スモーキーさは残っているのに、口あたりが柔らかく、喉ごしも滑らかだ。

味わいの秘訣は、結婚相手として慎重に選ばれたクレイゲラヒなどのスペイサイド・モルト。

アイラ独特の風味に、スペイサイド・モルトの蜜のような風味が、

絶妙のバランスで結びついて、バランスのよいウイスキーを作り出しているのだ。

ブランド名の由来は、エジンバラにあった「ホワイトホース・セラー」という古い酒亭兼宿屋。

スコットランド独立軍の常宿だったこともあり、自由と希望のシンボルになっていた。

創業者のピーター・マッキーが、酒亭名と看板をそのまま拝借したのだという。

ところで、今でこそウイスキーの栓はスクリュー式が当たり前だが、かつてはワインのような

コルク栓だった。スクリューキャップを発明したのはホワイトホース社。

おかげで飲みかけのボトルの保存が楽になったせいか、この栓を導入してから、

同社の売り上げが倍増したという。

アウスレーゼ Auslese

元の意味は選択、精選物。西ドイツの上質ワインには指定栽培地域の上級ワイン(Q.b.A.)と、

これに称号が付いたもの(Q.m.P.)とがあるが、その称号の一つがアウスレーゼである。

甘熟した葡萄の房のみを精選し、これを原料として造ったワインを言う。

ドイツの上級ワインに使われる原料の糖度(糖分含量%で表すかわりに比重で示す)は

栽培地ごと、品種ごとに最低限度が定められている。例えばリースリング種の場合

Q.b.A用では比重(4℃の水の重さを1とした時の同温、同容積の果汁の重さ。

糖分が多くなるほど1の値より大きくなる)は1.057~1.060の範囲であるが、

アウスレーゼではこの値が1.083~1.098と大きく、

それだけ発酵後に糖分を残した甘口高級デザート・ワイン(vin de dessert)ができる。

タリスカー TALISKER

ハードボイルドが似合う男の酒!

深い感銘、深い悲しみ、深い感動など、心が大きく揺れた夜、

それを人に見せることなく、一人静かに酒を含む。。

そんなハードボイルドタッチなひと時に、味わいたいのが、このモルト・ウイスキーだ。

一口飲むと、まるで火が付いたように熱いものが口いっぱいに広がる。

その味は胡椒の味とも塩の味ともいわれ、ブレンダー達はこれを「舌の上で爆発するような」

と表現するそうだ。しかし喉に流し込むと、ほのかな甘みがあり、モルトの香りも程よく漂う。

ストレートで飲むのが一番だが、マイルドタイプのブレンデッド・ウイスキーに、

タリスカーを数滴たらして、パワーアップさせるのも、この酒の楽しみ方の一つだ。

このハードでパワフルな風味の個性派モルト・ウイスキーは、

ヘブリディーズ諸島最大のスカイ島で生まれる。スカイと言っても「空」のSKYではなく、

SKYEと綴る。「鳥の翼の形をした島」という意味だと言う。

朝霧が立ち上ることが多いので、ミスティ・アイランドとも呼ばれる。

この島の唯一の蒸留所が、タリスカーなのである。