リュット・レゾネ」タグアーカイブ

自然農法で造られた ビオワイン

ビオワインとは自然派ワインのことで、化学肥料を使用せず、なるべく自然の物を利用する農法で造られたワインのこと。ほかのワイン生産地同様に、シャンパーニュ地方でもレコルタン・マニピュランを中心に、熱心に取り組む造り手が増えています。

化学肥料の使用を必要最低限に抑える減農薬農法「リュット・レゾネ」で造られた物は、厳密にはビオワインではありませんが、限りなくビオに近い方法で栽培している生産者も少なくありません。

最大の特徴である独特な香りと薄めの色合い、そしてテカワールの個性を反映した、力強い味わいは、体験してみないとちょっとわかりづらいかも。今後アイテムが増えていくと予想されるので要チェック