ブランデー」タグアーカイブ

世界各地のおいしいブランデー

ブランデーといえば、フランスだが、実は世界中で造られていることをご存じだろうが。

葡萄の搾りかすで造ったブランデーがある。フランスでは、これをオー・ド・ヴィー・マール(略してマール)と呼び、イタリアでは、グラッパの名で知られている。フランスにはリンゴを原料にしたブランデーもあり、その地方名をとってカルバトスと呼ばれる。フランス以外のヨーロッパ諸国、ロシア、アメリカなどでもブランデーは造られている。

ペルーやチリにはビスコと呼ばれるブランデーがある。ぶどう、りんご以外にさくらんぼ、プラム、西洋梨などを使うブランデーもある。

ブランデーの由来

ブランデーとは、本来ぶどうを発酵、蒸留した酒につけられた名称であった。

しかし、現在では果実を主原料にする蒸留酒すべてについてこの名称が使われている。つまり、狭い意味でのブランデーと、広い意味でのブランデーとの2つの用法があるのだ。

歴史的に見るならば、まずぶどうを原料にしたブランデーがフランス西南部のアルマニヤツク、コニャック地方で造られるようになり、17世紀後半から商業化の時代に入った。

一方、そのバリエーションとして、ぶどう以外の果実を原料にしたブランデーも、フランス各地で商品化されるようになったと考えていいだろう。

ブランデーという名称は、コニャック地方でぶどうをワインにし、さらにそれを蒸留したものを、ヴァン・ブリュレ(ワインを焼いたもの) と称したことに由来する。それをこの地に取引にやってきたオランダの貿易商人たちが、オランダ語に直訳して”ブランデウェイン”と称して輸出した。その主要な輸出先はイギリスだったが、イギリス人たちはこの語を縮めて”ブランデー”と呼ぶようになった。だからブランデーの当例の意味は、ワインを蒸留した酒のことだったのである。

こうしたワイン蒸留型の代表的な例が、フランスでい、つならばコニャック、アルマニャック、フレンチ・ブランデー、及びオー・ド・ヴィー・ド・ヴァンなど。また、ドイツ、イタリア、スペイン、東欧、アメリカ、日本のブランデーも、このタイプのものが主流である。

ブランデーのことなら当店「カインドベア」へ

ミュコー MEUKOW

コニャック・ブランデーの中でも、親しみやすいスタンダードな味。

黒豹というイメージとは裏腹に甘みを感じるまろやかな仕上がり。

1862年、メウコフ兄弟(シベリア出身)が設立。

第一次大戦後フランス側に没収される。ブランドはフランス読みのミュコーで残る。

ボトルには、躍動する豹の姿が浮き彫りされるという

意表を突いたデザインが採用されている。

ブラック・パンサー、VSOP・スペリュール、ナポレオンなどが有名。

ミュコー・ブラックパンサーを売るならこちらへ!