シングル・モルト」タグアーカイブ

ブッシュミルズ蒸留所

ブレンデッドもシングル・モルトもある世界最古の蒸留所。

この蒸留所で造られているブッシュミルズは、飲み口がドライ。そして独特の香りがあり、

飲んだ後口は爽やかだ。すっきりしたその風味は、寝つけない夏の夜などにぴったりかもしれない。

ブッシュミルズ蒸留所は1608年に北アイルランドのブッシュミルズの町で創業した、世界最古の蒸留所だ。

ビールや蒸留酒の伝播には、宣教師が大きな役割を果たしたと言われている。

早くから蒸留所が誕生した背景には、このあたりが、

宣教師・聖パトリックと縁の深い土地だったことが関係するのではないかと考えられている。

ちなみにブッシュミルズとは、”林の中の水車小屋”という意味で、そのロマンチックな名称が、

この蒸留所のさわやかな風味のウイスキーにとてもマッチしている。

この老舗中の老舗蒸留所では、ブレンデッドのほかにも、

「ブッシュミルズ・シングル・モルト10年」というシングル・モルトも造っている。

アイルランドでは基本的にピートを使わないので、スコッチ・シングル・モルトと違い、

ピート香は無いものがほとんどだ。

ブッシュミルズを売るならこちらへ!

グレンモーレンジ GLENMORANGIE

フルーツの香りが女性を誘う!

ウイスキーというと、どちらかといえば男の酒のイメージが強い。

けれどウイスキー初心者の女性にもお勧めできるのが、このグレンモーレンジだ。

淡い金色のボトルの色合いからして華やかだが、飲んでみると更に華やかさが増す。

花の香りの様な甘くかぐわしい香りがあり、繊細な味が、舌の上でさわやかに躍る。

だからといって、男性に物足りないなんて事はない。

何しろグレンモーレンジは、スコットランド国内で最も愛されているモルト・ウイスキーの一つ。

出荷しているのは全てシングル・モルト。ブレンデット用には、一切供給していないのだ。

ハイランド・モルトの、代表中の代表と言えるだろう。

フローラルでフルーティーな香りの元は、バーボン樽にある。

ここでは、熟成樽にバーボンの空樽を使用しているのだ。

アメリカ・ケンタッキー州のオークを原木ごと買い上げ、

それを一度バーボンの熟成に使用してから、モルト・ウイスキーの熟成に使っている。

そのこだわりが、世界に愛されるモルト・ウイスキーの原動力になっているのだ。