シャルドネ」タグアーカイブ

ピノ・ムニエ Pinot Meunier

白い果汁の黒ブドウ。ヴァレ・ド・ラ・マルヌで多く栽培。単に「ムニエ」(Meunier)とも呼ばれ、

葉の表面が粉をふいた様に見えるのが名前の由来(ムニエとはフランス語で粉屋のこと)。

熟成感とフルーティーさを与える黒ブドウで、ブレンドしたワインの熟成を早めてくれますが、

反対に長期熟成には不適。ピノ・ノワールよりやや軽く、バランスの取れた味わい。

柔らかさを醸し出し、ブレンドしたワインにまろやかさとブーケを与えます。

ピノ・ノワールとシャルドネの補助品種のイメージが強く、ともすると一段下に見られがち。

しかし最近ではその2種には無い個性を重用されています。

ワイン売却の際はこちらにご相談ください!

シャルドネ Chardonnay

白ワイン用の葡萄の品種名。

ブルゴーニュのボーヌ、コート・ドール、シャブリ、ロレーヌ地方、シャンパーニュ地方、

フランシュ・コンテ地方、さらにロワール川流域のワイン産地で、

下記にあげたような種々の名で呼ばれているほどフランス中部から東北部にかけて

広く栽培されている品種である。病害に強く、葉の葉柄につながる部分が広くひろがり、

葉脈でふちどられているのが特徴。果粒は小粒で丸く、黄金色を呈する。

これでつくったワインは薄い緑黄色から黄金色まであり、芳香に富み

シャブリやシャンパーニュには欠かせない品種である。

シャルドネの地方名:

ノワリアン・ブラン(ボーヌ地方)、ピノ・ブラン(コート・ドール県)、

ボーノワ(シャブリ地方)、オーセロワ・ブラン(シャンパーニュ地方)、

ガメー・ブランまたはムロン(フランシュ・コンテ地方)、オーヴェルナ・ブラン(ローヌ川流域)。