アウスレーゼ」タグアーカイブ

ラインガウ地方 ドイツ RHEINGAU

ドイツを代表する有名な銘醸地で、産出されるワインのほとんどが白。

シュペトレーゼ(遅摘み)やアウスレーゼ(房選り)の方法が発見されたところで、

たっぷりと陽光を浴びたブドウから優れたワインが産出されるラインガウ(ワインの里)。

シュタインベルガー、シュロス・フォルラーツ、シュロス・ヨハニスベルガーは

三大銘柄としてよく知られている。

シュロス・ヨハニスベルガーを売るならこちらへ!

アウスレーゼ Auslese

元の意味は選択、精選物。西ドイツの上質ワインには指定栽培地域の上級ワイン(Q.b.A.)と、

これに称号が付いたもの(Q.m.P.)とがあるが、その称号の一つがアウスレーゼである。

甘熟した葡萄の房のみを精選し、これを原料として造ったワインを言う。

ドイツの上級ワインに使われる原料の糖度(糖分含量%で表すかわりに比重で示す)は

栽培地ごと、品種ごとに最低限度が定められている。例えばリースリング種の場合

Q.b.A用では比重(4℃の水の重さを1とした時の同温、同容積の果汁の重さ。

糖分が多くなるほど1の値より大きくなる)は1.057~1.060の範囲であるが、

アウスレーゼではこの値が1.083~1.098と大きく、

それだけ発酵後に糖分を残した甘口高級デザート・ワイン(vin de dessert)ができる。

アウスレーゼ

もとの意味は選択、精選物。西ドイツの上質ワインには

指定栽培地域の上級ワインとこれに称号がついたものとが

あるがその称号の一つがアウスレーゼである。

完熟した葡萄の房のみを精撰しこれを原料として

造ったワインをいう。

ドイツの上級ワインに使われる原料の糖度は

栽培地ごと品種ごとに最低限度が定められている。

例えばリースリング種の場合QBA用では比重(4℃の水の重さを1とした時の

同温、同容積の果汁の重さ。糖分が多くなるほど1の値より大きくなる)は1.057~

1.060の範囲であるがアウスレーゼではこの値が1.083~1.098と大きく

それだけ発行後に糖分を残した甘口高級デザートワインが出来上がる。