月別アーカイブ: 2015年9月

ウイスキーの飲み方

最近、ハイボールやドラマ「マッサン」の影響で、ウイスキーが密かにブームになりつつあります。そこで、初心者でもおいしく飲めるウイスキーの飲み方をお教えいたします。

1.ウイスキーはごくごく飲むものではなない
ウイスキーは40度を超す高アルコールのお酒、ハイボールは例外にして、ウイスキーを味わいたい方は、
ストレートやオンザロックで、ゆっくりと少しづづ楽しみましょう。

2.香り、色を楽しむ
グラスにワインを注いだ時に香る、芳醇な香りはウイスキーの個性ともいえます。スモーキーな香りピーティーな香り等、様々な特色がそれぞれのウイスキーにございます。

3.まずは一口
ウイスキーは一口飲んだだけで芳醇な香りが広がり、その余韻を長い時間かけて楽しむことが出来ます、
舌で転がしてみるのもよし、香りを表現して楽しむのもよし。

4.チェイサーを挟む
次の一口に行く前に、チェイサー(水や炭酸水)を挟んでほしい。アルコール度数の高いお酒を飲むと、
舌が馬鹿になり、ウイスキーの醍醐味である香りや余韻がなくなってしまいます。まずがチェイサーで口の中をリフレッシュして、次の一口を味わいましょう。

最後に
ウイスキーには基本的には正しい飲み方というものは存在せず、各々の好みによって飲み方を変えて楽しむのが、本来のお酒の楽しみであります。ただ、ウイスキーまず飲んでみたいという方は、上記の飲み方で一度飲んでみて、各々に合った飲み方を模索するのがよいでしょう。

ゴードン&マクファイル

ゴードン&マクファイルとは、貴重な古酒を多く所有するボトラーです。
スコットランド、エルギンで、ジェームス・ゴードンとアレキサンダー・マクファイルにより1895年に創業。元来、食料品店として、食品の他、ワイン、ウイスキーを扱っていたが、20世紀初め頃には、ウイスキーの輸出も開始する。

各蒸留所からよい樽を買い付け、最高の状態と判断されたものを発売。やわらかく、やさしい味わいの仕上がり。

 

洋酒 マーテルについて

1715年、英仏海峡の小島ジャージー島出身のジャン・マーテルがコニャックに移り住み、創業。
ブレンダ―は世襲制。最高のコニャック造りを目指す情熱と技術は8世代にわたり継承されている。

ボトルに描かれているシンボル・マークのゴールデン・スワローは、マーテルの誕生を祝福して飛来したとのいわれてから使われるようになった。