スコッチが世界に広まったのはいつ?

もともとスコッチランドの地酒にすぎなかったスコッチが、世界の酒として認知されるようになったのはそれほど古いことではなくて、実はスコッチにブレンデットウイスキーが誕生してからの話です。今から150年前位、1850年代から60年代にかけてで、それが世界に浸透していったのは、十九世紀の終わりごろ、ヴィクトリア朝の時代のことです。世界の七つの海を支配した大英国のイギリス人、この中に当然スコットランド人も含まれているわけですが、彼らがスコッチが世界に進出するきっかけをつくったわけです。

投稿者: kindbea

お酒買取専門 カインドベアです。 飲まないワイン、ブランデー、シャンパン、ウイスキー、焼酎、洋酒、日本酒、古酒等ございましたら、お売りください。