アベラワー ABERLOUR

いい酒はストレートがうまい!

アベラワーは、国際ワイン&スピリッツ大会で何度も金賞を受賞しており、

スペイサイド・モルトの逸品として、つとに名高い。

グラスを口元に近づけると、芳醇なラム酒のような快いエッセンスがたちのぼってくる。

ほのかに甘い、やさしい口あたりは、夜の和みの時間にぴったりだ。

水で割ってもいいが、アベラワーの芳醇さ、スムースな飲み口を味わうには、

ストレートで楽しむのがベスト。この名品をつくっているのは、スペイサイドの中心部、

ラワー川に沿って建つヴィクトリア調の美しい建物、アベラワー・グレンリヴェット蒸留所だ。

創業は1826年だが、正式なラベルなどには、火災後に再建された1879年が記載されている。

創業年が、ふたつあるわけだ。1974年、フランスの会社に買収されて、

近代的な施設が加えられた。この蒸留所では、スコットランド産の大麦だけを使用し、

通常は木製である樽の栓をコルクにしている。この方が不純物が蒸発しやすいためだという。

丹誠込めて作られているだけに、深い味わいに仕上がっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です